千石ひかり歯科 - Just another WordPress site - Page 10

千石歯科通信|文京区千石で歯科・歯医者をお探しの方は千石ひかり歯科まで

 
  • WEB予約
  • 電話
  • メニュー

2019年7月2日

初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 ここでは歯科医院でおこなう“定期メンテナンス”についてご紹介していきます。

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 インプラントにおけるメンテナンスは毎日のホームケアにくわえ、歯科医院での定期的におこなう専門的なケアが必要です。 ここでは歯科医院でおこなう“定期メンテナンス”についてご紹介していきます。

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 今回はその『メンテナンス』についてお伝えしたいと思います。 インプラントにおけるメンテナンスは毎日のホームケアにくわえ、歯科医院での定期的におこなう専門的なケアが必要です。 ここでは歯科医院でおこなう“定期メンテナンス”についてご紹介していきます。

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 以前のブログにて「インプラントの寿命を延ばすにはメンテナンスが不可欠」ということをお話ししました。 今回はその『メンテナンス』についてお伝えしたいと思います。 インプラントにおけるメンテナンスは毎日のホームケアにくわえ、歯科医院での定期的におこなう専門的なケアが必要です。 ここでは歯科医院でおこなう“定期メンテナンス”についてご紹介していきます。

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 みなさん、こんにちは!千石ひかり歯科です。 以前のブログにて「インプラントの寿命を延ばすにはメンテナンスが不可欠」ということをお話ししました。 今回はその『メンテナンス』についてお伝えしたいと思います。 インプラントにおけるメンテナンスは毎日のホームケアにくわえ、歯科医院での定期的におこなう専門的なケアが必要です。 ここでは歯科医院でおこなう“定期メンテナンス”についてご紹介していきます。

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                 みなさん、こんにちは!千石ひかり歯科です。 以前のブログにて「インプラントの寿命を延ばすにはメンテナンスが不可欠」ということをお話ししました。 今回はその『メンテナンス』についてお伝えしたいと思います。 インプラントにおけるメンテナンスは毎日のホームケアにくわえ、歯科医院での定期的におこなう専門的なケアが必要です。 ここでは歯科医院でおこなう“定期メンテナンス”についてご紹介していきます。

インプラントの点検・整備

インプラントも長く使用している間に、いくつかの不具合を生じる場合があります。 例えば人工歯根と人工歯を連結する『スクリュー(ねじ)』の緩み。 歯は使い続けるうちに少しずつすり減るため、年を重ねるごとに噛み合わせにも変化が起こります。 この噛み合わせの変化によってインプラントに過度な力が加わるようになると、スクリューが徐々に緩んで上部の人工歯が揺れたり外れたりすることがあるのです。 このようなケースではスクリューを再度締め直し、噛み合わせの調整をおこなえば再びインプラントを安定させることができます。 このように日々変化するお口の環境に応じて、インプラントも定期的な点検・整備をおこなう必要があります。

『インプラント周囲炎』の予防・管理

インプラントを長期維持するうえで、最も注意しなければならないのが『インプラント周囲炎』です。 インプラント周囲炎とはいわゆる“インプラントの歯周病”のことで、インプラントを支える歯ぐきや歯槽骨が病原菌によって破壊されると早期脱落の原因になります。 定期メンテナンスではインプラント周囲の清掃状態、歯ぐきや歯槽骨の状態などを細かくチェックします。。 くわえて専門的なクリーニングをおこないながら、インプラント周囲炎の予防・管理をおこなっていきます。

まとめ

インプラントのメンテナンスは、いわば車の『車検』と同じです。 初めは調子の良かったインプラントも、維持管理を怠れば必ずその寿命は短くなってしまいます。 「インプラントの10年生存率は90%以上」というのは、あくまで定期メンテナンスを継続することが前提条件であることを、しっかり理解しておきましょう。                
1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 23