コロナ禍における歯科治療について - 千石ひかり歯科

コラム|文京区千石で歯科・歯医者をお探しの方は千石ひかり歯科まで

 
  • WEB予約
  • 電話
  • メニュー

コロナ禍における歯科治療について

皆さんこんにちは。
文京区千石の千石ひかり歯科でございます。

 

新型コロナウイルスの感染拡大により、当院のある東京都では、何度も緊急事態宣言が発令されています。
当院では患者さんに少しでも安心してご来院いただけるよう、徹底した衛生管理を行っております。

 

歯科医院の衛生基準

歯科治療は、患者さんのお口に直接触れるため、常日頃から衛生管理には細心の注意を払っております
 
たとえば、
・治療時にスタッフが使用するマスクやグローブ、患者さま用エプロン・紙コップは、患者さまごとに新しいものを使用
・ハンドピースや歯に風や水を当てる器具などの治療器具を始め、歯石などを除去する超音波スケーラーチップに至るまで、患者さまごとに交換し、消毒・滅菌診療台や操作パネルなどの消毒液による清拭
・スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒
 
などは、普段から行っております。

 

歯科治療での感染リスク

歯科治療が原因でコロナ感染が起こる可能性は、非常に低いと言われています。それにはいくつか理由があります。
 
・万全の感染予防対策
歯科治療では、歯を削る際などに唾液や血液を含んだ飛沫が発生します。
そのため、歯科医師や歯科衛生士は常に、患者さんからのウイルス感染のリスクを背負っており、普段からゴーグル、マスク、グローブなどを身につけ、万全の感染予防対策をしています。
そのため、患者さんからウイルス感染する可能性は低く、同時に患者さんへ移すこともありません。
 
・院内感染対策の徹底
先に述べたように、スタッフが完全防備をしているのはもちろんのこと、グローブを患者さんごとに交換、診療台や患者さんに触れる器具や機械は徹底的に殺菌・滅菌を行い、可能なものは全てディスポーザブル(使い捨て)を使用しています。
 
また、歯科医院は治療中に唾液などが飛散して空気が汚染されやすいため、空気の入れ替えや空気清浄というのも常に行われています。
 
・予約制で濃厚接触が起こりにくい
歯科医院は、予約制にしているところがほとんどです。
当院でも予約制となっておりますので、待合室に多くの人が集まるという濃厚接触の状況が起こることはありません。

 

当院での感染症対策

先に述べたことのほか、新型コロナ対策として、以下のような取り組みも新たに始めております。
 
・治療時にゴーグル、シールドを着用
・医療従事者用高機能マスク(N95)を着用
・ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭強化
・待合室の椅子や各診療台など消毒液による清拭強化
・常時換気の徹底
・医師・スタッフの出勤前の検温実施(発熱があった際は、2週間出勤停止)

 

まとめ

このように、当院では常日頃より院内感染対策を最重要事項と考えており、最大限の感染予防対策を行っております。
患者さんにも検温や手指消毒などご協力いただくこともあり、お手数をおかけいたしております。
 
新型コロナが怖くて歯科医院への通院を控えた結果、お口のトラブルが増えているという話もあります。
お口の健康は全身の健康へとつながっておりますので、どうぞ安心してご来院ください。