なぜ歯が抜けたまま放置してはいけないのか - 千石ひかり歯科

コラム|文京区千石で歯科・歯医者をお探しの方は千石ひかり歯科まで

 
  • WEB予約
  • 電話
  • メニュー

なぜ歯が抜けたまま放置してはいけないのか

皆さんこんにちは。
文京区千石の千石ひかり歯科でございます。

 

虫歯や歯周病で歯を失っても、「一本ぐらいなくても問題ないだろう」と考える方も少なくありません。
本日はこの考え方は危険であることをお伝えするために、歯が抜けたまま放置してはいけない理由をお話しします。

 

歯を失う原因は歯周病とむし歯

皆さんは、日本人が歯を失う理由で一番多いのは何だと思いますか?
多くの方が、加齢が原因だと考えますが、実は「1位が「歯周病」で、2位が「虫歯」となっています。
つまり、歯を失うのには年齢は関係ないのです。

 

歯を抜けたまま放置してはいけない理由

何らかのトラブルで歯を失っても、「歯の1本や2本無くても問題ない」と放置してしまう方も意外と多くいらっしゃいます。
しかし、歯が抜けたまま放置することで、以下のようなリスクが生じます。

 
・歯がスペースに移動する
歯が抜けてできたスペースの両隣の歯が、隙間を埋めようと少しずつ移動するため、歯並びが乱れてかみ合わせがおかしくなってきます。
かみ合わせが悪くなると、虫歯や歯周病のリスクが高まったり、全身のバランスが悪くなったりしてしまいます。
 
・噛み合うはずの歯が浮いてくる
ものを食べるとき、上下の歯がかみ合う状態が普通ですが、歯が抜けたままだと噛み合う歯がなく、徐々に歯が浮いてきてしまい次第に歯が伸びてきてしまいます。
 
・歯槽骨が痩せてしまう
歯を支える「歯槽骨」は、外部からの刺激を受けない状態が続くと痩せてしまいます。
歯が抜けたままだと、上下の歯がかみ合う刺激などが伝わらずに歯槽骨が痩せてしまい、顔の輪郭にも変化が現れ、シワやたるみの原因となってしまいます。
 
ほかにも、噛み合わせのバランスが崩れて顔がゆがむ、加齢とともに出っ歯になる、虫歯や歯周病になりやすい、肩こりや頭痛が慢性化する、胃腸が弱まって全身の健康状態に影響が出る、認知症になりやすい、などのリスクも起こりやすくなってしまいます。
 
歯を失ってすぐには影響がないとしても、このように時間の経過とともにさまざまなトラブルが起きる可能性が高くなるため、歯を失ったままにしておくのは非常に危険です。

 

歯を失った際の治療とは

もし歯を失ってしまった場合には、義歯を使って歯を補うことが大切です。

義歯には、取り外し可能な義歯で、一本の歯の欠損から全ての歯を失った場合にも対応できる「部分入れ歯」や「総入れ歯」、失った歯の両隣の歯を土台とし、3本以上の繋がった人工歯を固定する「ブリッジ」、外科手術で顎の骨にインプラント体を直接埋め込み、その上に人工歯を装着する「インプラント」といった種類があります。
 
患者さんのお口や全身状態、見た目やご予算などのご希望に合わせて、どの義歯を使って治療するかを決めていきます。

 

まとめ

このように、たとえ1本でも歯がない状態で放っておくと、さまざまなトラブルを引き起こします。
当院では、メリット・デメリットを考慮しながら患者さんに合った義歯をご提案いたしますので、早めに歯を補いましょう。