千石歯科通信|文京区千石で歯科・歯医者をお探しの方は千石ひかり歯科まで

 
  • WEB予約
  • 電話
  • メニュー

小さな異常が大きな問題に!『マイクロスコ―プ』は見逃さない。

2019年6月3日

千石ひかり歯科で一番頻繁に使用される治療機器は何か?

 

問われることがあるならば、まずは『マイクロスコ―プ』を挙げます!

 

マイクロスコ―プとはいわゆる“医療用の顕微鏡”のことで、これまでにも医療現場では心臓外科手術や耳鼻科領域の分野などで広く使われています。

 

 

 

 

細かい部分を5~20倍まで拡大するマイクロスコ―プ


みなさんもご存じのように、私たち歯科医の治療分野である『口腔』は中が暗くて狭く、そこに並ぶ『歯』はひとつひとつがとても小さいのが特徴です。

診療台では強いライトを当てて、なるべく明るく照らします。しかしながら、それでも削った歯の表面やその中を肉眼で観察するのには限界がありました。


そのため歯科治療の多くは、長年培われてきた歯科医の“手指の感覚”や“勘”に頼らざるをえないところがあるのも事実です。

マイクロスコ―プを使用すると、

 

微細な部位も5倍から最大で20倍にまで拡大でき、肉眼では観察できなかった問題を確認できます。

その結果、治療の精度を格段に向上させることができるのです。

 

 

 

 

「大きな問題」になる前に。「小さな異常」を見つけます。


このマイクロスコ―プは歯科のあらゆる治療で活躍しています。

例えばむし歯治療。

むし歯は大きくなると「削り取る」のが治療の基本となりますが、歯にとっては『削る』という行為そのものが大きなダメージとなります。

痛みで虫歯に気付く、あるいは肉眼で虫歯が確認される段階ではかなり深く削る必要が生じてしまいます。

マイクロスコープを活用すれば歯の内部の細かいところまで肉眼で確認でき、『むし歯になった部分』だけを確認することが可能になります。

 

治療の必要性があれば、最小限に抑えて歯を削ることが出来るため、“歯にダメージの少ないむし歯治療”が実現できます。

 

一緒にお口の中を確認しませんか?


マイクロスコ―プはむし歯治療のほかにも、根管治療や歯周病治療、外科治療など様々なシーンで活躍しています。

 

マイクロスコープで見つかったお病気や治療の過程は、大画面モニターで患者さんと一緒にご覧になって頂けます。

 

今まで歯医者さんまかせだった歯の治療に関して、きっと理解が深まり、俄然興味がわくと思います!

千石ひかり歯科ではこのような最新機器を用いながら、より精度が高く安全な歯科治療を皆様にお届けできるよう努めております。

 

 

✩ マイクロスコープによる治療は自由診療となります。

 

 

 

 

千石駅徒歩6分、茗荷谷駅徒歩10分の歯科・歯医者

千石ひかり歯科

天野